サブコンテンツ

ルイヴィトンというと

ルイヴィトンというと、バッグとウォレットが有名でしょう。 日本人の5人に1人は持っているともいわれるほどの人気で、販売量の半数は日本人が購入するともいわれているのです。

ウォレットはただ流行に乗って人気があるわけではありません。
しっかりしていて使い勝手がいいからこそ、これだけの販売量につながっているといえるのです。

ルイヴィトンのウォレットといえば、人気があるのはモノグラムであることは間違いありません。
耐久性に優れたキャンバス素材が使われており、長い間使っていくことができる耐久性を持っています。
市松模様が美しいダミエもかなり見かけるでしょう。
モノグラムほど前面にブランド名が押し出されていませんが、ルイヴィトンらしい迫力を持っています。

さりげなく使っていくのであれば、スハリのウォレットもいいでしょう。
ゴートスキンを使ったウォレットで、手になじむ感覚は独特のものがあります。
ブランド名が前面に来ないので、わかる人にはわかるといった感じを味わうことができるものになっているのです。

どんなラインのウォレットでも、長く使っていけるようにカードポケットもしっかりついています。
長財布になれば、とかく多くなりやすいカードも多く収納できるようになっていますので、ウォレット一つで出かけることもできるでしょう。
おしゃれに決めるのであれば、札入れのみにして、小銭はコインケースを使うという手もあります。

小銭で済んでしまう場合には、さっと取り出すことができれば、その動きすらエレガントに映るものだといえるのです。

このページの先頭へ