サブコンテンツ

ルイヴィトンのバックはTPOで

日本人のルイヴィトン好きは世界でも有名です。 バッグの売り上げを考えていくと、その半数は日本人が購入するともいわれているほどです。 真意はさておいたとしても、それぐらいルイヴィトンを好み、多くのバッグを見かける機会があるでしょう。

ルイヴィトンのバッグは耐久性に優れています。
モノグラムやダミエといったラインは、一部に革が使われていますが、キャンバス素材でできているため天候を気にしたりせずに使っていくことができるといえるでしょう。
汚れたとしても、さっとふけば元に戻るため、どんなときにも使っていくことができる優れものなのです。
管理も楽ですから、コレクションする人も多くいるのもうなずけます。

ルイヴィトンのバッグは全てキャンバス字であるわけではありません。
モノグラム・ヴェルニのように、カーフスキンにエナメル加工しているものもあります。
スハリのように、独特の質感を持っているゴートスキンを使ったものもあるのです。
こちらは非常気に希少価値が高く、完全手作業で作られているため、価格も高めだったりするのです。

ルイヴィトンのバッグを選ぶ時には、デイリーユースとフォーマルを分けて考えてみてもいいでしょう。
モノグラムは確かにいいものではありますが、少々うるさいデザインであることは否めません。
それに比べエピはシックなカラーを使うことで、ぐっと引き締まったイメージを与えるでしょう。
ノマドのように、オーソドックスなものもいいかもしれません。

TPOを考えていくと、ルイヴィトンの世界はどんどん広がっていくのです。

このページの先頭へ